記事一覧

レーシングカーとセーリングの世界観から着想を得た腕時計


「J12」は、2000年、メゾン初の本格的機械式腕時計として、当時デザインを手掛けたシャネルのアーティスティック ディレクター、ジャック エリュが愛するレーシングカーとセーリングの世界観から着想を得て誕生した。ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたブラック セラミック製のボディで、“21世紀のアイコンウォッチ”とも称された。
2019年にはリニューアル
2019年にはリニューアルを遂げ、時計を構成する70%以上の要素をアップデート。ベゼルの幅やリュウズサイズ、時分秒針のサイズやダイヤルの数字の書体などが変更されている。